マニラ英語通学体験談 野川 章代(30代)、主婦、6ヶ月

マニラの英語学校に6ヶ月通学しました。継続の大切さを痛感してます。

in

野川 章代(30代)主婦 通学(6ヶ月)レベル1(Low Beginner)→ レベル2(High Beginner)

マニラの学校に通学して英語を勉強しようと思ったきっかけを教えてください。

夫のマニラ駐在に帯同することになり、この機会に英語だけはレベルアップしたいという思いから通学できる学校を探していました。日本では英語を使う機会の少ない環境におりました。学生時代のイメージのまま、そこそこ英語はできるつもりでいましたが、いざマニラでの生活を始めると本当に必要最低限の言葉しか出てこない自分の英語力と想像以上のフィリピン人の英語力に驚きました。

グランドラインの先生たちと記念撮影

英語のできない日本人と英語のできるフィリピン人、世界に通用するのはどちらかと考えたら「英語のできるフィリピン人かも」と思いました。「英語でコミュニケーションがはかれる」ことの重要性を改めて感じ、もっと英語が思うように話せれば、自分のもつ可能性を広げることができるかも、そうなったら今までとは違う世界が見られるようになるかも、と思いました。

好奇心が旺盛なので、どんな世界が広がるんだろうと思ったらすごくワクワクしました。今後も海外生活がしばらく続く可能性も高く、ここで英語を勉強し直さないでいつするんだろうと思ったら、今が絶好のチャンスと思い通学することを決めました。

ご受講されている時間帯やご受講の頻度を教えてください

マカティ市内から通学しているんですが、360時間コースで申し込みました。月曜から金曜に毎日3時間、午前9:30~12:30もしくは午後14:00~17:00の通学を約6ヶ月継続しました。

授業はフリートークがメインでした。教材はありましたが教材で準備されていたトピックについて、講師と意見交換や情報共有をしたり、教材とは関係なく、身の回りで起こっていることの話をしたりもしました。

食べ物や趣味の話などの緩い話をすることもあれば、政治や経済などのシリアスな話をすることもありました。3時間の途中10~15分の休憩がありました。レッスンは基本毎日でしたが、都合が悪い時などは事前にスケジュール変更を依頼すれば対応していただけたので、無理なく通うことができました。

授業を受けて見えた目標や課題、今後の展望を聞かせてください。

Grandlineの通学レッスンを受講する前に、他社と検討していた際に受けたプレイスメントテスト(会話)があったのですが、Grandlineの360時間コースを終了した後に再度受けてみたら、レベルが3段階上がっていました。グラマーも語彙力もまだまだ努力が必要なレベルですが、それはさておき「会話力」は間違いなく上がったと実感しました。

毎日「継続的に会話すること」が、会話力をつける一番の近道であると感じています。語彙力や言い回しなどを耳や口を実際動かして覚えさせる、それを長くやればやる程、確実に英語は身に付くものだと感じています。今、授業が終了し、英語に触れていないとせっかくの360時間が水の泡になりそうで落ち着かないです(笑)。

グランドラインイングリッシュアカデミーの卒業証書

ある程度耳が慣れて英語を話すことに抵抗がなくなったので、今後はさらに語彙力を増やしもっと流暢に英語でいろんな表現が出来るよう努力を続けたいと思っています。英語の理解力があがると、情報量、人脈など2倍にも3倍にも膨みます。

この先のことはまだ漠然としていますがなんでも出来る気がしてワクワクするのと、もっと話せるようになりたいという欲が出て来ています。どこまで上達させられるか自分に挑戦したいです。

パティシエをしていたので、将来的には海外に向けて日本のスイーツを広めるパティシエとして活躍したい気持ちもあったので、留学期間中にフィリピン人の人で日本のスイーツに興味のある人を10名ほど集めてケーキ作りの教室を開催しました。

マニラで通学で英語を学ぶ学校を探しているならグランドラインをご検討ください。